あさぎり病院では、各種医療機関および教育機関から研修・実習の受入れを行っています。
特に近年、産婦人科は縮小、廃止する医療機関が増加している事情もあり、県下有数の分娩取扱施設として産婦人科領域で受入れを行っています。

医師の臨床研修

2004年4月より新しい臨床研修制度がはじまり、医師免許を取得した医師は2年間幅広い診療能力の習得を目的に、内科・産婦人科など複数の科で研修することが義務付けられています。

また、近年の医療情勢により近隣でも産婦人科を廃止する基幹病院が増加しております。あさぎり病院では兵庫県下有数の分娩取扱施設として臨床研修制度に協力しております。

各診療科外来診療、分娩・手術、病棟回診時に研修医が臨床経験を積むために同席する場合がございますが、上記主旨をご理解のうえご協力くださいますようお願いいたします。

今月の研修医はこちら

助産師の実習

あさぎり病院では、助産師学生の育成に寄与するために、兵庫県立総合衛生学院助産師学科・兵庫県立大学看護学部・近大姫路大学の実習生の受け入れを行なっております。

一人でも多くの助産師が社会に貢献できるよう関わってまいりたいと思います。患者様方にもご協力を頂くことになりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

トライやる・ウィーク

トライやる・ウィークとは兵庫県内の中学2年生を対象にした社会体験(職場体験)のことです。
あさぎり病院では近隣の中学校の実習を受け入れています。

  • 長坂中学
  • 神戸大学附属明石中学
  • 朝霧中学

ご協力お願いいたします。

助産師出向支援導入事業による助産師受入

平成29年3月1日から平成29年3月31日の期間、神戸大学医学部附属病院より助産師を1名受け入れました。

「助産師出向支援導入事業」とは、都道府県内の周産期医療と助産師の就業先の偏在状況を把握した上で、助産師の出向・受け入れを実施し、地域における助産師の偏在是正、助産実践能力の強化支援、助産学生の実習施設の確保等を図ることを目的とした、都道府県が実施している事業です。