医療安全管理指針

1 医療安全に関する基本的な考え方

あさぎり病院の医療安全管理に関する基本的な考え方は、人は過ちを犯すという前提に立ち、過ちを誘発しない環境や、過ちが患者様の傷害などに発展しないシステムを構築することである。実施にあたって、患者様と医療従事者が協力し、患者様が医療に参加できる環境を作り上げていくことが重要である。

2 安全管理のための委員会その他当院の組織に関する基本的事項

医療安全に関する委員会として、医療の質向上委員会を設置する。
医療の質向上委員会は病院長を委員長とし、安全管理に関する基本的事項について審議し、またインシデント及びアクシデントの実態把握の推進と再発防止等を行う。

3 安全管理のための職員研修に関する基本的事項

(1) 研修は、医療安全管理の基本的な考え方、事故防止の具体的な手法等を全ての職員に周知徹底することを通じて、職員個々の安全意識の向上を図るとともに、当院全体の医療安全を向上させることを目的とする。

(2) 研修は、医療の質向上委員会が具体的な立案・実践を行う。

  1. 全職員を対象に、病院組織全体で安全管理に取り組み、医療事故を防止することができるように、年2回以上の安全管理教育を実施する。
  2. 部署単位、職種単位等でも定期的な研修会を実施し、特性に即したより具体的な安全管理教育を実施する。

4 事故報告等の医療に係る安全の確保を目的とした改善方策にかかる基本方針

インシデントは迅速な報告を求めるとともに、インシデントの原因分析は当事者の責任を追及するのではなく、「何が問題であるのか」「なぜ起きたのか」に視点を置いた検討を行い、改善策を立てて医療の質の向上・安全管理の改善に努める。

5 医療事故等発生時の対応に関する基本方針

(1) 第一に患者様の治療に最善を尽くす。当該部署で対応できない場合は、必要な人材を動員させる。

(2) 当該部署の委員及び所属長に直ちに報告し、所属部長は病院長に報告する。

(3) 家族への連絡、ご本人・家族への説明は冷静、丁寧且つ誠意を持って行う。

(4) 事故の状況や説明の内容は、詳細に診療録に記録する。

6 患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

院内に当該指針を掲示するとともに、ホームページに掲載する。

7 患者からの相談への対応に関する基本方針

病状や治療方針などに関する患者様からの相談に対しては、誠実に対応する。

平成19年7月25日作成

病院内の安全に関する状況の把握と分析を行い、安全で質の高い医療確保のため医療安全管理室を設置しました。詳しくはこちらから。