平成17年に施行された「次世代育成支援対策推進法」は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行うための法律です。この法律に基づき、当法人も職員が仕事と子育てを両立できるような環境を整備する一端を担い、次世代育成支援対策として「一般事業主行動計画」を策定していますので、以下のとおり公表します。

医療法人社団吉徳会 行動計画

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分発揮できるようにするため、次のような行動計画を策定する。

期間

平成25年2月21日~平成30年2月20日

取組

  1. 妊娠中や出産後の女性労働者の健康の確保について、労働者に対する制度の周知や情報提供及び相談体制の整備の実施
  2. 育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備の措置の実施 
  3. 子どもを育てる労働者が利用できる次のいずれか一つ以上の措置の実施
    • 三歳以上の子を養育する労働者に対する所定外労働の免除
    • 三歳以上の子を養育する労働者に対する短時間勤務制度
  4. 育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知
  5. 出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の実施
  6. 託児室・授乳コーナーや乳幼児と一緒に利用できるトイレの設置等の整備や商店街の空き店舗等を活用した託児施設等各種の子育て支援サービスの場の提供
  7. 若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供、トライアル雇用等を通じた雇入れ又は職業訓練の推進

                                   以上