女性医師・女性技師による検診 当院は、女性医師・女性技師による女性のための検診をおこなっています。

当院は、問診を行う看護師、検査を行う検査技師、診察を行う医師はすべて女性であり、安心して診察、検査を受けていただける環境作りに取り組んでいます。
(受診される曜日によっては女性医師、技師が不在で男性医師や男性技師が対応させていただくことがございます。お申し込みの際にお問合せ下さい。)

女性検診メニュー

女性セットドック(子宮がん+乳がん) ¥22,700
子宮がんドック(頚部・体部) ¥10,300
子宮がんドック(頚部) ¥4,200
乳がんドック ¥14,400

子宮がんドックについて

子宮の図子宮がんには子宮の入り口(頚部)にできる「子宮頚がん」と子宮の奥(体部)にできる「子宮体部」の2種類があります。
子宮体がんは閉経後の女性に多いのに対し、子宮頚がんは若い女性でもかかる可能性が高いがんです。

頚部

子宮の入り口(頚部)を綿棒でこすり細胞を採取します。

  • 内診
  • 細胞診
  • 経膣部エコー

体部

子宮の入り口(頚部)よりもさらに奥にある、子宮内膜の細胞を採取します。

  • 内診
  • 細胞診
  • 経膣部エコー

乳がんドックについて

乳がんは乳腺組織から発生する悪性腫瘍です。
乳がんの発生は20歳過ぎから認められ30歳代で増加し、40歳代後半から50歳代前半にピークを迎えます。
1996年に乳がんは日本女性がかかる悪性腫瘍の中で一番かかる確率が高い病気になり、25人に1人が乳がんになると言われていますが、早期に発見されれば約90%の人が治癒します。

当院は精度中央管理委員会の技師認定を取得した女性技師がいます。

検査内容

  • マンモグラフィー
  • 乳房エコー

お申し込み・お問い合わせはこちら