診療内容・特色

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ) 図

フェイキックIOLは、眼内の虹彩と水晶体の間にレンズを挿入して、近視や乱視を治す最新の屈折矯正方法です。LASIKでは対応できない強度近視や角膜の薄い症例にも対応できます。また、レンズの摘出・交換により、度数の変化に対応でき、元の状態に戻すことが可能です。
ICLは、1997年にヨーロッパにてCEマーク(安全性)を取得。2005年にはアメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)より認可を受けています。日本では、2003年より治験が開始され、2010年2月に厚生労働省で認可されました。
HEMAとコラーゲンの共重合体素材「コラマー」から作られています。含水性がありコラーゲンを含むことから、たんぱく質などの粒子が沈着せず、長期にわたって眼内で安定する、生体適合性の良い素材です。