当院で取り扱っている疾患と治療

乱視用眼内レンズ

第68回日本臨床眼科学会のセミナーで東京歯科大学水道橋病院のビッセン宮島弘子先生と共に、当院の森井眼科部長が講演いたしました。

「CALLIST Eye」術中乱視軸表示装置角膜乱視が強い方の場合、普通の単焦点眼内レンズを挿入しただけでは術後も乱視が残存する為に眼鏡装用が常に必要となる場合があります。当院では角膜乱視が強い方には乱視も同時に矯正できる乱視用眼内レンズも選択肢のひとつにいたします。
術前検査時の角膜形状解析をもとに決定していきます。手術時、乱視用眼内レンズの乱視軸と眼球の乱視軸をより正確に一致させるため、「CALLIST Eye」という術中乱視軸表示装置を用い、より精度の高い乱視矯正を行っています。