当院で取り扱っている疾患と治療

最近の屈折矯正手術について

有水晶体眼内レンズ近視に対する屈折矯正手術には、LASIKとICL(有水晶体眼内レンズ)があります。LASIKは多くの施設で行われています。ただ、LASIKは角膜というレンズを削るために、夜間に光がにじんで見える「グレア・ハロー」といった見え方の質の低下や、術後近視にまた戻ってしまう「近視のもどり」などが発生することがあります。

一方、ICLは、レンズを眼内に挿入するだけで角膜を切除はしないために、光学系に変化が少なく、そのため術後の屈折度数の変化もほぼなく、「グレア、ハロー」などの発生もありません。そのため、見え方の質はLASIKより非常によく安定しています。また、眼内レンズを摘出すればもとの状態にもどる可逆的な手術です。そのあたりのことから、近年はICLのほうが主流になりつつあります。当院は近畿で12件しかないICL認定施設の一つです。当院でも非常によい術後結果を得ております。LASIKより高額の治療ではありますが、ご興味の方は一度眼科外来にご相談ください。

手術方法

屈折矯正手術 手術方法

ICL・LASIK 見え方(シミュレーション画像)