先進医療

前眼部OCT(前眼部3次元光干渉断層計)

前眼部OCT(前眼部3次元光干渉断層計) 近視矯正を希望される方は、まず第一にLASIKを思い浮かべることと思います。ただ、角膜の厚みや形眼科外来に新しく先進医療適応の前眼部OCT(前眼部3次元光干渉断層計)を導入しました。

この機器(CASIA2)は、非接触・非侵襲で前眼部の3次元撮影が可能な前眼部OCTです。感染リスクの少ない検査方法で、水晶体までの断面像や、角膜の形状を計測する最新式の検査装置です。

角膜混濁などで前眼部の透見が困難であった症例においても前眼部の観察を行うことができ、撮影時も直接目に触れず、麻酔や点眼も不要で痛みもなく、時間もわずか数秒間ですむため、患者様の負担が少ない検査になります。また、検査結果が画像で示されるため、診察時に実際の画像を見ながら医師からの説明を受けるため、病状を理解しやすくなります。なお、検査が必要かどうかについては医師の判断となりますので、医師にご相談ください。

前眼部形状計測のイメージ

前眼部形状計測:術前後の前房深度や角膜厚みの計測が容易に行えます

角膜形状解析のイメージ

角膜形状解析:角膜前面、後面、厚みを考慮した角膜前後面の屈折力マップも表示

[画像写真:(株)トーメーコーポレーションのホームページより引用]