CT検査

TOSHIBA製16列マルチスライスCTスキャナ
TOSHIBA製16列マルチスライスCTスキャナ

ヘリカル(らせん)スキャンにて短時間での検査が可能です。腹部(胆嚢、肝臓、膵臓、腎臓など)胸部(肺、動脈など)頭部(脳など)の検査に用いられます。

最新の16列マルチスライスCTを導入いたしました。

従来のCTより検査時間が短縮されたため、肺や腹部など息止めが必要な検査も10~15秒程度の短い息止めで広範囲の撮影ができ、呼吸が止めにくい高齢者の方や重篤な症状の救急検査に対しても鮮明な画像が提供できるようになりました。
また、0.5mmという薄いスライスが可能となり眼科や耳鼻科、歯科領域の撮影に関して骨によるアーチファクトが少ない画像が撮影でき、従来の装置では対応できなかった精密な検査が可能となりました。
さらに量子フィルターの採用により放射線被曝が減少し、患者さまに優しいCT装置となっております。
なお、当院の装置は内臓脂肪測定やインプラント術前検査※としてのデンタル撮影の処理ソフトも装備しておりますので検査についてのお問合せなどございましたら当院放射線室へお尋ねください。

※インプラント術前検査料は12,000円(CD-R含む)+フィルム代540円/1枚)となります。