医療機器管理室の紹介

医療機器管理室では、臨床工学技士が日々業務を行っています。医療機器なくして現代医療は成り立ちません。

我々は、医療機器のプロフェッショナルとしてチーム医療に参加し、安心・安全な医療を提供できるよう努めています。

臨床工学技士とは

病院内にある医療機器を取り扱うスペシャリストです。
機器の性能に問題がないか事前に点検し、治療に用いる高度な医療機器を操作などを行っています。
また不具合が発生した際に、迅速に対応できるように技術の向上に努めています。医学・工学及び科学技術が日々進歩する医療機器を駆使し、チーム医療の一員として高度医療を陰で支えています。

業務内容

医療機器管理業務

病院内で使用される機器のほとんどは、臨床工学技士が管理を行っています。安全な医療機器を現場に供給する事を目標として、トラブル時にいち早く対応できるよう心掛けています。人工呼吸器などの生命維持管理装置を始め、自動血圧計に至るまで保守・点検・修理などのメンテナンスを行っています。

医療機器に関する情報提供

医療機器使用に際し、信頼性・安全性の確保やヒューマンエラーを防ぐために、各種情報の収集と配信を行っています。

眼科手術の機器操作助手

手術の進歩に伴って多くの手術機器・機材が使用されるようになりました。
それらを安全に取り扱うため、専門的知識を持った臨床工学技士が機器使用時に立ち会い及び操作を行なっています。

鏡視下手術の機器操作助手

近年の内視鏡機器の進歩により高性能で精密な機器が手術で使用されています。
稀に発生するトラブル時に手術が安全に施行できるように、装置の準備や設定・手術中の対応などを行っています。

臨床工学技士の操作・立ち合い機器