診療内容・特色

婦人科案内

概要

あさぎり病院では、お産を多く扱っていますが、筋腫や卵巣腫瘍等、婦人科系の病気の診断治療も幅広くしています。女性の豊かなライフスタイルを応援するため、悪性腫瘍を除くあらゆる病気に対して、患者さんのニーズにお応えするよう努力しています。婦人科疾患の治療には、腹腔鏡手術、膣式手術も可能ですし、手術後の痛みが少ないような麻酔を行うなど、侵襲の少ない患者様本位の治療を心掛けています。どうぞ来院して相談してください。

手術について

あさぎり病院産婦人科では外科的治療が必要な患者さんには手術を積極的に行っております。手術では可能な限り術後を快適に過ごしていただくことを目標に、早期離床、早期退院をしていただけるように心掛けています。具体的には、腹腔鏡膣式手術を積極的に取り入れ、開腹が必要としても、可能な限り小さな術創にするように心がけ、 手術後の痛みを抑える努力をしています。

可能な限り小さな創にする。

できるだけ膣式手術や腹腔鏡で手術をするようにしています。開腹する場合も手術の創をできる限り横切開で小さく、きれいにするようにしています。

術後の痛みをおさえる。

手術全例に硬膜外麻酔を併用して、手術後の鎮痛をしています。手術の麻酔をするときに、背中に麻酔用のチューブをいれておいて、そこから2日間ほど鎮痛剤を入れます。 手術後の痛みが少なければ、体力の回復が早くなります。

手術の創をきれいにする。

下腹部の手術では、縦向きに切るよりも横向きに切るほうが痕がきれいになりやすいので、できるかぎり横向きに切るようにしています。また、表皮に糸を出さない縫合方法を採用し、 術後の瘢痕やケロイド形成を少なくするようにしています。

腹腔鏡手術

直径3~5mmの細い器具を使ってお腹の中の手術をするものです。普通の手術より創が小さくてすみますし、 なにより手術後の回復が早いのが利点です。外科では胆嚢の手術によく使っています。 産婦人科領域では、主に卵巣の手術に使います。
あさぎり病院産婦人科では積極的にこの手術をしています。

膣式手術

お腹を切開しないで膣の方から行なう手術です。子宮筋腫や子宮脱、膀胱脱、尿失禁の方などが対象になります。患者さまに侵襲が少なく短期間の入院で済みます。

尿失禁手術

加齢や分娩の影響で膀胱尿道などの支持組織が弱くなり、くしゃみや咳をしたときに尿が漏れる腹圧性尿失禁の症状が出る方がおられます。この症状が出ている方に対してTVT手術という効果的な手術が開発されました。この手術を当院でも行なっています。局所麻酔で行い、数日の入院で出来ます。