診療内容・特色

婦人科案内/当院での婦人科専門領域

子宮内膜症

最近増加傾向にあるといわれている病気です。子宮の内膜と同様の組織が、本来の場所でないところに発生する病気です。主な自覚症状は月経痛、性交痛です。卵巣腫瘍を作ることもあります。 お腹の中にひどい癒着をおこし、不妊症の原因になることもあります。診断は、内診や超音波検査でおこないますが、確定診断には腹腔鏡が必要になります。

主な治療法

内服薬で生理をとめたり、低用量ピルで症状を軽くする薬物治療が中心になります。卵巣腫瘍を合併しているときには手術もあります。腹腔鏡でできる場合もあります。

当院では子宮内膜症の診断、投薬、手術を総合的に行っています。

子宮筋腫

子宮筋腫は女性の数人に一人の割合で起こる良性の腫瘍です。子宮筋腫は、治療の必要がないことも多くあります。子宮筋腫は非常にひどい月経痛をおこすことや、月経過多を起こすことがあります。月経過多のために鉄欠乏性貧血になることもあります。 症状がある場合や子宮筋腫のサイズが大きい場合には治療の対象になります。

当院では、子宮筋腫の診断、治療、手術を総合的に行っています。

子宮筋腫の治療

手術

子供がほしい人や子宮を残しておくことを希望する人は子宮筋腫だけを取り除く手術(筋腫核出術)を、子供が要らない人は子宮全体を取り除く手術をするのが基本です。最近では、子宮動脈塞栓術(UAE)と言われる子宮筋腫の栄養血管である子宮動脈を、塞栓物質で遮断する方法も行われています(現在、当院では行っておりません)。通常の分娩をされた方は、膣式手術といって、お腹を切らずに子宮を取るする手術も出来る場合があります。膣式手術が出来れば、後遺症が非常に少ないので、楽です。 また、創が見えないので美容上の問題もありません。

当病院では、出来る限りお腹を切らないで膣式手術をするように心掛けています。

女性ホルモンの作用を抑え、閉経と似た状態を作り子宮の大きさを縮めます。残念ながら、完全に子宮筋腫をなくすことは出来ませんし、6ヶ月を超えて使い続けることも出来ません。ですから、手術をしないで薬だけで治すには限界があります。月経痛や月経過多等の自覚症状だけを抑えるため、 経口避妊薬と同様のホルモン剤を使う場合もあります。

当院ではそれぞれの患者様の症状に合わせた治療を行っています。

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍は良性から悪性まで種類がたくさんあります。自覚症状が無いことが多く、発見が難しい病気です。良性であっても手術が必要なことが多くあります。

当病院ではこの病気の治療も多く手がけています。

良性卵巣腫瘍

当院では、出来る限り、開腹手術でなく腹腔鏡手術を行うよう努力しています。

悪性卵巣腫瘍

手術だけでなく、薬による治療を長期間行うケースが多くあります。専門の病院に治療をお願いすることにしています。

更年期障害

閉経の5年前から5年後までを更年期と言います。この時期は女性ホルモンの状態が急激に変化する時期で、体のいろいろな変調をきたすことがあります。体の変調の出方は、人によって様々です。 全く自覚症状のない方もありますし、のぼせ・冷え・頭痛・不眠・その他いろいろな症状が出る方もあります。また、自覚症状のない方でも、骨が弱くなりコレステロール値が上昇します。

治療の基本は、不足している卵巣のホルモンを補充することです。これをホルモン補充療法と呼んでいます。

当院では、ホルモン補充療法を中心とした更年期障害の治療を積極的に行っています。外来でご相談下さい。

骨粗鬆症

女性は、閉経をむかえ、卵巣からのホルモン分泌が減ると、骨の状態が悪くなります。

診断は、レントゲンを用いるもの、超音波を用いるものなど、いろいろありますが、当院では、最も信頼性が高いと言われているDEXA(デキサ)法によって検査を行っています。これは、よわいX線を用いるもので、多くの病院で採用されている方法です。

女性ホルモンの補充療法は骨粗鬆症の進行を抑えるといわれています。

当院では、骨粗鬆症は更年期の症状のひとつと考え、ホルモン治療を含め骨粗鬆症の診断、治療を行っています。

性感染症(STDsexual transmitteddisease)

法律で決められた性病(梅毒、淋病など)に加えて、性行為で移る病気をすべて性行為感染症と呼びます。ここでは、代表的なものを説明します。すべて、本人に加えてセックスパートナーの治療もする必要があります。

クラミジア

病原体はウィルスと細菌の中間の大きさです。尿道炎や子宮の炎症を起こしますが、自覚症状が少ないため病気にかかっていることに気がつかないことが多くあるため、近年問題になっています。内服薬で治せる病気です。セックスパートナーとともに治療の必要があります。

性器ヘルペス

水泡が出来、潰瘍となって非常に痛むことが多い病気です。ウィルスが病原体です。唇に多く出来るタイプと、性器に多く出るタイプと、水疱瘡のウィルスが原因の帯状疱疹ヘルペスの3種類が知られています。 いずれも、抗ウィルス剤を使って直します。何度も再発することがあります。 早めに治療を開始すれば症状が軽くて済むので症状が現れたらすぐに受診することが必要です。症状が治まれば全く問題なく生活できますが、再発の恐れがあります。

トリコモナス膣炎

顕微鏡で見える大きさのトリコモナス原虫が病原体です。おりものが多くなり非常に痒くなりますが、自覚症状に乏しい人もいます。膣内に入れる薬と内服薬でなおりますが、セックスパートナーの治療もする必要があります。

毛虱(ケジラミ)

幼稚園や小学校で流行する頭虱(アタマジラミ)とは別の虱です。陰毛に付着して、皮膚の血液をすって成長します。肉眼で見ることが出来ます。コンドームでは防ぐことが出来ません。陰毛をそってスミスリンという薬で治療できます。セックスパートナーの治療もする必要があります。

他にもいろいろな性感染症があります。多くの性感染症の予防にはコンドームが有効です。

子宮癌検診

子宮癌検診は、内膜(体部)と頸管(頸部)の2種類があります。

老人保健法による明石市の市民検診を受け付けています。

市の検診では検診時と2週間以降に結果を聞きに来院して頂いております。20歳以上の明石市民の方には、2年ごとに市から通知の葉書が送られています。毎年検診を受けるほうが良いとさせていますので、市の保険センターに問い合わせて下さい。

お問合せ先
明石保健センター TEL 078-913-5535

明石市民で無い方、20歳未満の方など、市の検診に該当しない方でも希望により、また必要があれば子宮癌検診をしています。概ね1週間で結果が出ます。結果を聞きにまた来院して頂いております。

月経不順

不正性器出血や月経不順などの相談にも応じています。 若い方で月経不順に悩んでいる方も安心して御来院ください。

避妊
経口避妊薬(ピル)

1999年10月から発売された低用量ピルをあさぎり病院でも処方しています。避妊にはいろいろな方法があります。 当院では、いろいろな方法の相談に応じています。

コンドーム

日本ではよく使われていますが、破れたり、外れたり、避妊に失敗することがあるので注意が必要です。性感染症をかなり防ぐのですが、決して過信してはいけません。

避妊手術

男性はパイプカット、女性は卵管結紮をします。手術をすれば避妊に気をつける必要が無く、あらゆる避妊法の中で失敗率が最も低い方法です。ただし、一度手術を受けると再び妊娠したいときに元に戻す手術をするのが困難です。

男性は泌尿器科で、女性は産婦人科で手術をします。

女性より男性の方が手術の負担は小さいので、出来れば男性が手術を受けることをおすすめします。当院でも手術の相談に乗っています。

子宮内避妊具(IUDintra uterinedevice)

子宮の中に避妊用の器具を挿入する方法です。以前は2年ごとに交換していましたが、最近では5年ごとの交換で大丈夫な商品を使っています。

挿入してしまえば避妊に気をつける必要が無いので良いのですが、一年間で数パーセントの人が妊娠するので、完璧な避妊方法とはいえません。当院でも扱っています。

ピル(経口避妊薬)

手術以外では最も失敗の少ない方法です。どうしても妊娠したくない方には、この方法をおすすめします。毎日必ず服用する必要があります。煙草を吸う方は、煙草の害である血栓症の確率を高くするといわれていますのでお勧めできません。煙草の害とピルの副作用では煙草のほうがずっと体に悪いので、煙草をやめてピルを内服するほうが健康的です。当院でも処方しています。

性交を途中で中断する方法や、膣外で射精する方法は全く避妊とはいえません。基礎体温を見て安全日を判断することも避妊の失敗が多いので避けましょう。

避妊法はいろいろな方法があるので自分達にあった方法を選ぶことが大切です。

排尿の異常

女性は加齢や分娩の影響で膀胱尿道の支持組織が弱くなる事が多くあります。その結果、くしゃみや咳をしたときに尿が漏れる腹圧性尿失禁の症状が出る方がおられます。また過活動性膀胱といって、尿がそれほど多くないのに尿意をもよおして頻繁にトイレに行かなければならない方もおられます。体操が有効な場合、投薬のみで改善する場合、手術が必要な場合など、症状に応じて治療が異なります。尿漏れでお悩みの女性は産婦人科外来で医師にご相談ください。

不妊症

結婚して一年で約80%、二年で約90%の夫婦が妊娠するとされていますので、赤ちゃんを希望されて二年間妊娠しない夫婦が治療の対象になります。生物としてのヒトは、なかなか妊娠しにくく、一回の排卵で約30%の妊娠率です。その主な原因は、排卵した卵が、染色体レベルで見て不良な率が意外に高いことが挙げられます。ですからあせらずに、地道に、合理的に治療を進める必要があります。

検査
  • 精液検査は不妊症の原因のなかで頻度が高く、最も重要で、負担の少ない検査ですので早期にチェックしておく必要があります。ご主人の来院の必要はありません。
  • 排卵の質の検査:下垂体や卵巣のホルモン検査(血液)と超音波検査での検討です。
  • 卵管の通過性:いろいろ方法はありますが、検査後の妊娠率の高さからみて、油性の造影剤による子宮卵管造影法が中心になります。
  • その他:性交後検査(フーナーテスト:排卵日のころに精子が子宮に入っているかどうか)、子宮内膜の組織検査(受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態になっているか)、子宮鏡検査、腹腔鏡検査、尿中LH検査、抗精子抗体検査など、必要に応じておこないます。
治療

上記の検査で、当面の治療方針をたてますが、不妊の原因がすべて先にわかるわけではないので、状況に応じて比較的楽な治療から、期限を定めてその都度見直しながら、進めていきます。排卵日(妊娠しやすい日)を推定するいわゆるタイミング法。ふだんより多めに排卵するようにする排卵誘発法。子宮内膜の状態を良くするための工夫。子宮内膜の状態をよくするあるいは子宮頚管を通りやすくするための、子宮頸管拡張+子宮内膜ソウハ。などを組み合わせて治療します。 それでもできない場合は精液を洗浄濃縮する人工授精法や、体外受精法を考えます。

当院では、人工授精や体外受精を行っておりませんので、それ以前の通常の不妊治療を丁寧にすることを心がけています。残念ながら、人工授精や体外受精を必要とされるかたは、一定の確率でおられますので、その場合は、経過をまとめた診療情報提供書をお渡しして、しかるべき医療機関を紹介させていただきます。

不育症、習慣流産

連続三回以上の流産で子供のいない、あるいはそれに準ずるご夫婦を言います。

自然の流産率が約20%として、三回連続流産する確率は、1000分の8になるので、これに該当するご夫婦は、自然の流産より他に原因を考える必要があります。

検査
  • 染色体検査:一見正常のかたでも、染色体異常の保因者のことがあり、配偶子(精子や卵)ができるときに異常なものができやすく、流産しやすいことがあります。これを調べることによって、その後の見通しや対策を考えることができます。夫婦双方の血液検査です。
  • 血栓性素因の有無
    • 血液凝固第XII因子欠乏症
    • 抗リン脂質抗体:現在測定可能なものがいくつかあり、血液凝固第XII因子欠乏症とともに、比較的初期の習慣流産と関係があるとして、注目されています。どちらも胎児のいる周りの組織で、小さな血栓ができやすくて流産につながります。
  • 子宮の形態異常:子宮卵管造影や超音波検査で確認します。比較的中期の流産に関係します。
  • 黄体機能不全症:妊娠の維持に不可欠な黄体ホルモンの不足がないかを調べる血液検査です。
  • 高PRL血症:異常値で流産しやすいともいわれています。血液検査です。
  • HLA検査:HLAの適合数と流産との相関関係は否定されたので、当院ではしません。
  • 甲状腺機能異常で、流産しやすいとされていますので、適切な値に維持することが必要です。内科または専門病院に紹介します。
治療
  • 低用量アスピリン療法:排卵直後から開始。生理になったら中止します。妊娠が成立したら続けます。小さな血栓ができやすくて流産しやすい人に、それを予防する作用があります。安価で安全性の高い飲み薬です。
  • ヘパリン(カプロシン):アスピリンと同様に、小さな血栓ができやすくて流産しやすい人に、それを予防する作用があります。併用すると効果が高いです。毎日自分で注射する必要があります。(皮膚の下に浅くうつだけで、むずかしくはありません。)
  • 漢方薬や副腎皮質ホルモンが有効というデータもありますが、それぞれ効果や副作用の点で疑問があり、上記の治療を凌駕するものではないと考えますので、当院では行っておりません。
  • 免疫療法:以前盛んに行われた治療ですが、効果に疑問があり、副作用も心配されるので当院では行っておりません。