診療内容・特色

産科案内/生まれたばかりの赤ちゃんの血液型検査について

 血液型にはいろいろな型がありますが、多くのお母様方が知りたい血液型は、ABO血液型と言われるものです。ABO血液型は、赤血球側と血漿(血液の液体部分)側の両方を検査しその結果を照合して決定します。赤血球側の検査(おもて試験)は赤血球膜上のA抗原(こうげん)、B抗原を検査するもので、たとえばA抗原だけ検出されるとA型と判定されます。一方、血漿側の検査(うら試験)は、抗A抗体(こうたい)、抗B抗体を検査するもので、たとえばA型の人は抗B抗体のみ検出されます。このようにABO血液型では規則的に抗原、抗体を持っていることから、血液型の決定には赤血球側と血漿側をペアで行います。

 しかし新生児(生まれたばかりの赤ちゃん)ではまだ抗体がつくられていないことに加え、お母さんから移行した抗体が反応することもあり、通常血漿側(うら検査)をせず赤血球側(おもて検査)だけを行います。が、赤ちゃんはA抗原やB抗原の量が少ない場合があり、血液型が正しく判定できない可能性があります。たとえばO型の結果であっても、本当はA型またはB型であったり、A型の結果であっても本当はAB型という場合があるのです。

 赤血球膜上のA抗原、B抗原の強さは、新生児では成人の3分の1程度で2~4歳になって成人並みになるといわれています。よく"新生児の時に検査した血液型が、大人になって変わる"といわれるのは、新生児のときに赤血球側検査(おもて検査)だけ行われた場合に、赤血球膜上のA抗原、B抗原が弱いために、前述の例のようにA型やB型の人がO型と判定される場合があるためで、本当に血液型が変わってしまうのではありません。

 血液型の検査の時期ですが、生後6ヶ月ごろに抗体が産生され始め、1歳ごろには全ての児に抗体が産生されるといわれています。3歳ごろになって赤血球膜上のA抗原、B抗原の強さが成人と同じくらいになってきます。従って、正確な血液型の判定は、早くても4歳以上、個人差を考慮すると小学生以後がのぞましいと思われます。

 そこで、平成27年6月より、当院では輸血や手術など医学的にABO血液型が必要な場合を除き、赤ちゃんの血液型検査は実施しないことにしました。