私たち薬局では、チーム医療を担う一員として「質の高い調剤」「適正な薬剤管理」「患者様に分かりやすい服薬指導」「的確な薬剤情報の提供」の実現を目指して日々努力しています。

スタッフ

あさぎり病院薬局では3人の薬剤師が日々の業務を行なっています。 
それぞれの持ち味を生かし、元気いっぱいの薬剤部です。これからも薬剤師としての専門性を生かしつつ、他職種のスタッフとともに「チーム医療」に参加していきます。

業務内容

当院薬局は、患者さまが服用されるお薬を正しく安全にそして有効に使用していただくためにお薬に関する様々な業務を行なっています。

調剤業務

お薬の処方は、全てオーダリングシステムによるコンピュータによって行なわれています。医師による処方入力に従って、入院患者様の調剤を行ないます。錠剤を1回分ずつ包装する一包化包装を行い、患者様がお薬を間違えて服用しないように、服用を忘れたりしないようにしています。また合わせて副作用・薬と薬の相互作用のチェックも欠かしません。

注射薬業務

入院患者様への注射薬の払い出しを行ないます。ここでも医師によってコンピュータ入力された処方がバーコードとともに打ち出され、患者様一人ひとりの注射薬を取り揃えます。内服薬においても同じですが、監査は薬剤師二人によるダブルチェックを行ない、正しくより安全な薬物治療が行なわれるよう努めています。

製剤

点眼薬などの特殊製剤を調製しています。

高カロリー無菌調製

無菌に保たれた室内で、食事から栄養摂取する事が出来ない患者様に使用する高カロリー輸液の調製を行なっています。

医薬品の情報提供

薬剤情報新聞「DRUG INFORMATION」お薬の副作用情報など、厚生労働省や各医薬品メーカーから寄せられる情報を必要に応じて医師や看護師に提供したり、院内医薬品集の編集や医薬品に関する問い合わせにも迅速に対応できるよう努力しています。また、病院スタッフ向けに薬剤情報新聞「DRUG INFORMATION」を発行し、他部署スタッフと薬剤情報の共有化にも力を入れています。

入院患者様に対する薬剤師による説明と指導

チーム医療に薬剤師の側面から参加し、医薬品の適正使用を推進することで、患者様の安全を確保し、安全で安心できる医療を提供する努力を続けています。毎日必ず病棟に行き、患者様に直接お話を伺ったり電子カルテをチェックして、お薬の効果を見ています。また、最近注目されているNST業務(栄養管理サポートチーム)についても薬剤師全員が参加し、薬剤師としての専門性を生かして活動しています。